教員退職手続きやったことリスト ※年度末で退職した場合

「思ったよりもずっと楽」という印象でした。

自分がやったことは、

・事務員さんに指示された場所に、自分の住所や署名を書く(2月か3月頃)
「退職後の教員の健康保険を任意継続するかどうか」を決断して、事務員さんに伝える(1月か2月頃)※内定先が決まっていれば、「任意継続しない」一択なので悩む必要なし。
健康保険証を事務員さんに返却
学校の鍵などを、校務主任さんに返却

でした。

では、個別に詳しく解説。

●教育委員会に出す書類や年金系

事務員さんに全ておまかせでした。(感謝)

自分は住所・署名などを指示された場所に書くだけでよかったです。あとは、3月の最後の勤務日に健康保険証を事務員さんに返したくらい。

唯一ちょっと調べたことと言えば、「退職後に教員の健康保険を任意継続するか」を決断することでした。1月か2月頃に事務員さんに伝えなければなりません。
※4月からの転職先が決まっていれば、「継続しない」一択なので悩む必要はありません。
*「退職後に教員の健康保険を任意継続するか」については、「教員を退職するときの手続き 税金・社会保険関係」の記事で詳しく解説。

あわせて読みたい
教員を退職するときの手続き 税金・社会保険関係 ※年度末で退職した場合 健康保険以外は、特に心配はなかったです。 ●健康保険☆4月からの転職先が決まっていれば、転職先の健康保険に入ればよいので心配ありません。 ☆4月からの転職先が決ま...

●グループ保険

退職前は何も手続きしなかった。退職後に、明治安田生命から「退職後の教員対象のグループ保険に入りますか?」と聞かれたので、とりあえず入った。
ちなみに退職後グループ保険の費用は、私の場合「がん保険+入院保障」で月額3,500円くらい。

●自分の自治体の教育組合
退会の手続きは何もしなかった。(現在自分がどういう状態になっているのか不明)

●愛教大同窓会
退会の手続きは何もしなかった。(現在自分がどういう状態になっているのか不明)

●自分の自治体の教科研究会
退会の手続きは何もしなかった。
(自分の自治体の自分の教科の研究会は、毎年年度初めにその年の入会手続きをしていたため、次年度に入会手続きしなければ自動的に退会になる仕組み)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

愛知教育大学卒業。元公立中学校英語教諭。東海地方在住。
大学卒業後、公立中学校で7年間勤務。小規模校に勤務し校務分掌に追われ、1か月の時間外労働が150時間を超えたことも。7年目の年度末で退職し、翌日から中小企業で勤務。
現在の仕事内容は内勤の事務系で、クレーム対応などは皆無。昼休みが1時間きちんと取れて、6時半までには退勤する日々に感動。

コメント

コメントする

目次
閉じる