「春から中学校の先生だけど、何買っておけばいいの?」4月までに準備しておくと安心なもの&個人的に便利だったもの 元公立中学校教諭が紹介

目次

優先度高:★★★(教育実習ですでに用意した人が多いと思う)

スーツ1着+スーツに合わせるシャツ(入学式、授業参観、保護者会、家庭訪問、卒業式などで使う。ボロボロNG。)

・ジャージ上下+Tシャツ(体育科以外の教員も、学年レクや体育大会で使用 Tシャツは速乾性がおすすめ)

校舎用上履き(スリッポンが多かった。走れる・疲れにくい・着脱しやすい・丈夫・(速乾性)がポイント。)

体育館シューズ(スポーツ用品店で体育館シューズみたいなものを購入)

運動場用スニーカー(体育科以外の教員も、学年レクや体育大会で使用)

スタンプ一式合格またはOK、再提出、見ましたの3種類くらいはそろえたい)

※100円ショップダイソー様でディズニーやサンリオのものが購入可能。←中学生に結構評判よかった。
※スタンプ台は、学校で借りられることが多いので、私は買わなかった。

印鑑+速乾朱肉(朱肉は、職員室でたぶん借りられるけど、自分用があった方が便利。おすすめは速乾性。)

※印鑑は通知表などに押印するので、シャチハタは×。

※使用頻度が多く落として欠けたり紛失したりする恐れがあるので、銀行印とは別のものを用意した方が良いです。かといって、安すぎるものだと失敗しやすくて大変なのである程度ちゃんとしたものを印鑑専門店で購入した方が良いです。(要録は印鑑失敗すると大変です。)

はさみ(たぶん職員室に貸し出し用あるけど、万が一なかったら困るから。始業式や教室整備の時期だと、4月1日からかなり使うと思います。

コサージュ ※女性(入学式や卒業式で胸に付けるが、新入生や卒業生の担任以外はなしでよい。

あわせて読みたい
【4月から新任の先生向け】入学式って、女性教員はどんな服で参加すれば良い? 中学校編 【元中学校教諭が新任の先生のお悩みに答えます】 4月から新任で先生になる方で、「入学式って何を着ていけば良いの?新しくフォーマルの服をデパートで買っていおいた...

腕時計

ソーラー電池(仕事が忙しくてお店に電池交換をしに行く時間がない)、防水加工(トイレ掃除の指導などがあるから)、丈夫なアウトドア系(運動部の指導をする場合がある)、文字盤が見やすい(「あと〇秒で始業のチャイムが鳴るよ」と休み時間の終わりに生徒に声をかけるため。小テストの時間を図るときなども使う。)、時計の部分が薄くて長時間付けても腕が痛くならないもの(教員は長時間労働のため)、見た目があまり安っぽくないものが良いです。若い教員だと、G-SHOCKやBABY-G(女性教員)を着用している方が多かったです。私は、G-Shockは時計の部分が分厚くて腕が痛くなる心配があったため、アウトドア系の時計で薄くて防水加工でソーラー電池のものを着用していました。

優先度中:★★☆

・予備スーツ(急に保護者に謝罪しなきゃいけない時があるから、ロッカーに常備しておくと安心)

・喪服
(クラスの子の親御さんや同僚の親族が亡くなったりして、急にお葬式に行かなきゃいけない時があるから。家遠いと大変。ロッカーに常備しておくと安心。)

・下痢止め薬(あんまりトイレに行けないから、ロッカーに常備しておくと安心)

・のど飴(声が出なくなると苦労するから。ロッカーに入れておくと安心。おすすめは「VICKS」。)

優先度低:★☆☆(たぶん学校で貸し出し用がある)

・30センチ定規(何かと使う。成績データの入力後のチェックなどで活躍)

・穴あけパンチ(会議資料などとにかく紙が多すぎる学校現場。たぶん職員室に共用のものがあるが、いちいち席を立つのが面倒なので自分のものがあると便利。)

・セロテープ(たぶん職員室に共用のものがあるが、自分のものがあると便利)

・ホッチキス(高品質なものを自分で用意した方が便利)

・サインペン(おすすめはPROCKEY)

番外編 私が使っていた便利グッズ (仕事が始まって、勤務校の実態に合わせて購入

・ポケットに入るサイズの小さいメモ帳
→仕事で覚えることを座ってゆっくり書いてる時間がないことが多いから。
 教室で色々な生徒が色々依頼してくるから。(弁当忘れたから電話してほしいとか、このプリントなくしたからもう1枚ほしいとか、貸し出し用の制服のリボン貸してほしいとか)

・指サック
→スタンプを押す作業を効率的に行える。

ダブルクリップ(たぶん職員室にたくさんあるので自分で用意しなくてよい)
→大活躍!スタンプ押し、丸つけ、配布書類のホッチキス留めなどの作業を効率的に行える。 (ダブルクリップの活用法は今後記事にまとめたいと思います)

・キッチンタイマー
※「10分」「1分」「10秒」のボタンがあるものがおすすめ。
※100円ショップで、ストラップを買って首からかけれるようにすると良い。

※使う場面:教科の授業や学年レク

時間を区切って生徒にペア活動やグループ活動などをさせるときに使います。
 また、授業で小テストを行うときなどにも使います。
 ストップウォッチよりも、音で知らせてくれるキッチンタイマーの方が便利です。
 視線を生徒に向けたまま時間を図れるからです。
 活動中は生徒から目を離さない方が良いです。(トラブルの早期発見、小テストのカンニング防止)

→また、学年レクでも使えます。
 試合時間などをはかる際に、係の生徒に貸し出してました。
 キッチンタイマーだけだと音が小さいので、電子ホイッスル(学校の備品)もセットで貸し出していました。
 体育の授業でバスケなどの試合時に使う大きいタイマーもありますが、1つしかなかったり、コンセントが必要で場所を選んだりします。
 学年レクだと、複数のコートでドッジボールをやることが多いのでキッチンタイマーも使ってました。
 室長も、審判しながら時間を図ったりするので、ストップウォッチよりも音が出るキッチンタイマーの方が助かっていたようです。
 体育大会の長縄の練習のときとかも使ってました。

おすすめは、「10分」「1分」「10秒」のボタンがあるタイマーです。私はDRETECというメーカーのものを使っていました。首からかけるための通し穴あり。マグネットもついています。ただ、DRETECのキッチンタイマーは、機種によっては5分前の予告アラームが鳴るという難点もあります。

指示棒
 →「わかりやすい授業をしている」感が出る。
   新任だと、保護者から学習指導技術に対するクレームが出がちなので予防策として。

・マスパッド→なくても困らないが、高性能のものを使うと仕事がはかどる。

・無線マウス →マウスは学校からたぶん支給されるので、なくても大丈夫。無線マウスで握りやすいものだと快適。

・iphoneをテレビに映すHDMIケーブル
 →学校のWi-Fiは調子悪いので、映像は自分のスマホから見せていた。
  ※ただし、勤務校の実態による。(学校で生徒の前で教員が私物のスマホを出すのはあまりよろしくないため。寛容な学校、赴任数年後にあまり他の先生からごちゃごちゃ言われなくなってからやった方がよい)

・ipodとBluetooth機能付きのCDプレイヤー
 →英語の授業で教科書の英文を流すため、使っていた。デジタル教科書が導入されてからは使っていない。(勤務校にデジタル教科書やテレビがない場合)

・中古のパソコン
 →学校貸し出しのタブレットを落としそうで心配だから、中古のパソコンを3万円くらいで購入。(英語教員は毎授業持ち歩く)軽くて丈夫な「Let’s note」がおすすめ。

※ただし、勤務校の実態による。個人情報とかの関係で、教員が私物のICT機材を使うのは基本的にはNGのようです。実際は、暗黙の了解で何も言われないことが多い。 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

愛知教育大学卒業。元公立中学校英語教諭。東海地方在住。
大学卒業後、公立中学校で7年間勤務。小規模校に勤務し校務分掌に追われ、1か月の時間外労働が150時間を超えたことも。7年目の年度末で退職し、翌日から中小企業で勤務。
現在の仕事内容は内勤の事務系で、クレーム対応などは皆無。昼休みが1時間きちんと取れて、6時半までには退勤する日々に感動。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる